ノヤマカンパニー

 

ABOUT

~野山のおさんぽ会について~

わたしたちは、2015年の春から愛媛県西予市で暮らし始めました。
身のまわりにたくさん自然があっていいなぁと思う一方、 子どもの数が少なく、娘を他の子どもと外で遊ばせたいと思っても、なかなかそういう場がないなぁ・・・。 そんなことを感じながら1年が経ち、「ないのなら自分たちで作ってしまおう!」ということで始めたのが、このおさんぽ会です。

*野山のおさんぽ会は、次の2つのことを大切に運営していきます。

① 自然としっかりふれあう ② 子どもの自主性を尊重し、見守る保育を行う
これらは北欧発祥の「森のようちえん」と呼ばれる幼児教育の基本的な考え方をふまえたものです。

【自然としっかりふれあう】

幼児期は、日々の生活や遊びなどの具体的・直接的な体験を通じて成長する時期です。天候にかかわらず、自然の中に出かけて色々な体験を行うことで感性を磨き、しなやかな心とたくましい体を育みます。

【子どもの自主性を尊重し、見守る保育を行う】


ご一緒に豊かな時間を作っていただけたら幸いです。

2016年5月 ノヤマカンパニー  加藤雄也・千晴

主催者プロフィール

【加藤雄也】愛媛県今治市出身。
大学でカビのDNAや自然保護制度について研究した後、埼玉県で環境保護団体職員に。エコツアーの企画や公園の管理、幼児・小学生向けの自然体験イベントの運営などに10年ほど携わる。2015年から西予市の地域おこし協力隊(ジオパーク担当)に着任。

【加藤千晴】山口県下松市出身。
大学で農村の水辺の生きものについて研究した後、ダンナと同じく環境保護団体職員に。魚やタカの調査、自然の豊かさを評価する方法の研究などにかかわった後、web制作会社に転職。現在は仕事も子育てもフリースタイル。